太陽熱集熱器システム

太陽熱エネルギーの50%以上を熱として利用することが可能で、変換効率が高いため有効に太陽エネルギーを活用できます。

 

      太陽熱集熱器は、太陽熱により水を温める機器です。受光した太陽熱エネルギーの50%以上を熱として利用することが可能な、太陽エネルギー利用技術です。太陽光発電に比べエネルギー変換効率が高いため有効に太陽エネルギーを活用できます。
  ヒートパイプ(Heat pipe)とは、熱伝導性を上げる技術・仕組みです。熱伝導性が高い材質からなるパイプ中に揮発性の液体(作動液)を封入した構造です。パイプ中の一方を加熱し、もう一方を冷却することで、作動液の蒸発(潜熱の吸収)→作動液の凝縮(潜熱の放出)のサイクルが発生し熱を移動します。
  内部を真空にしたガラス管の中にヒートパイプを設けた構造を多数並べるものである。カバーガラスとの間の対流による損失がなく、高効率で集熱することができる。平板型に比較して一般に高性能である。
  ポンプステーションは各部(集熱部・貯湯部上下)の温度を検知し、循環ポンプを自動で制御します。また、システム化されたポンプステーションは運転状況をわかりやすく表示します。
  専用コントローラーは、利用用途に応じて様々なシステムとの組合せを可能にします。
例)ガスボイラー、石油ボイラー、電気温水器、ヒートポンプ

融雪マット

・玄関前、アプローチ、階段などの部分融雪に最適です。ここだけ融雪で、大規模な工事は必要ありません。

・ 見た目にも美しい カラーゴムチップを使用

・優れた衝撃吸収力で足元をソフトに包みます

・浸水性に優れ、水はけが良く、 滑りにくい表面加工