融雪システムの選択

温水(不凍液)ロードヒーティング

●高齢者所帯で雪かきする人手がない。
●通勤前の雪かきが大変だ。
●玄関前の通路と車庫前の雪さえなくなれば・・・・。
●外階段の雪をなんとかしたい。
●仕事の都合で、朝から夕方まで留守をするので、雪かきをする時間がない。
●降雪センサーと地温センサーにて自動運転が可能、手がかからない。
●ヒートポンプを使った融雪をしたい。

埋設型融雪槽(雪道山)

●よりランニングコストを下げたい。
●早朝や深夜の融雪作業もしたい。
●維持管理に気を使いたくない。
●我が家に雪捨て場が欲しい。
●除雪車が置いて行く、硬くて重い雪を何とかしたい。
●大量の雪を何とかしたい。

電気融雪ロードヒーター

●融雪面積が小さい。
●オール電化で融雪もしたい。
●音が気になるかた。
●設備のスペースが狭い。
●めんどうなメンティナンスがいや。

地下水融雪

●よりランニングコストを下げたい。
●水質、水量が確保できる地域。
●維持管理ができる方

屋根融雪システム(ルーフヒーター)

●ツララ・すがもりで悩んでいる。
●上屋根からの落雪による、下屋根の重さと痛みが心配。
●敷地ぎりぎりに家が建っているので、隣家(隣地)への落雪が心配だ。
●軒先からはみ出した氷混じりの雪が、通路への落下が気になる。
●屋根の雪下ろしに悩んでいる。

外溝工事の施工例

アプローチは、縁石で縁切りをして、乱貼りの自然石を貼りました。右側はレンガ積みの門柱です。前の部分に植栽を配置し、中央の開口部分に照明を取り付ける予定です。奥に見えるのは、融雪ボイラーです・・・など。

カーポート、フェンスなどのエクステリア、融雪工事を含めて、外構工事をトータルで提案させていただきます。