現状コンクリートで、融雪槽「雪道山」埋設

現状コンクリートの状態で、融雪槽「雪道山」J-120埋設。
仕上げは、コンクリート修復です。

1.施工前

施工前、コンクリートの状態です

ここに融雪槽「雪道山」を埋設します。現状コンクリートですが、特に問題はありません。
2.カッターを入れます

カッターいれ

専用の機械でコンクリートを切断します。
3.コンクリート撤去

コンクリート撤去中

重機でコンクリートをはがし、撤去していきます。
4.掘削

掘削完了

重機で掘削しました
5.融雪槽「雪道山」埋設

融雪槽「雪道山」埋設完了

慎重に高さを調整して埋設しました
6.ボイラーの取付

融雪ボイラーの取付中

融雪ボイラーの取付、灯油配管の接続
7.ほぼ完成しました。

コンクリートの準備中です

ボイラーの取付、機器の接続、完了
8.天気に恵まれ、コンクリートを打設しました。

コンクリートを施工中

左官職人が仕上げます。
9.完成しました。

コンクリート打設完了!

取り扱いの説明をしました。後は雪が降るのを待つだけです。

10.雪が降りました。

片づけても、片づけても

雪は降り続きます。除雪で持ち込まれた雪や氷も全部処理してくれます。タイマーを回すだけの簡単操作で、融雪槽「雪道山」は冬を快適にしてくれます。

外溝工事の施工例

アプローチは、縁石で縁切りをして、乱貼りの自然石を貼りました。右側はレンガ積みの門柱です。前の部分に植栽を配置し、中央の開口部分に照明を取り付ける予定です。奥に見えるのは、融雪ボイラーです・・・など。

カーポート、フェンスなどのエクステリア、融雪工事を含めて、外構工事をトータルで提案させていただきます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    前の記事

    新築基礎工事中